二葉太郎の美容、健康、メンタルヘルス、なんでもきやがれ!

初めまして!二葉太郎です。5年前から、心と体を壊し、現在リハビリ中ですが、私、二葉太郎が、今までの経験から心と体を元気にする秘訣を書いていきます!また、美容グッズ、健康グッズ、メンタルヘルスの方法、いろんな情報も満載でお届けいたします。

2017年01月

 みなさん、こんばんは。二葉太郎です。

 なんだか、調べていくうちに、腸内環境を整えるって、もーーーーーのーーーーーすーーーーごーーーく大事であることが、わかりました。

 正直、わたし、こわくなってきました。これ、まじでっせ。ホントに40代の方を筆頭に、男性、女性問わず、これはトライした方がいいですよ。

 その内容は、こちらです。

 
免疫力を向上
  昨日の話で、「食物繊維」は便秘を解消するだけでなく、免疫力を向上させるということだったのですが、それによって、腸内のトラブルだけでなく、皮膚アレルギーやアレルギー性鼻炎、気管支喘息などのアレルギー性疾患を初めとして、免疫力の低下によって発生する感染症などにも効果があります。

 

 また、これらの病気だけでなく、お肌の調子もよくなりますので、健康だけでなく美容にも大きな効果があるということです。

 ②腸は第二の脳
 
 「腸は第二の脳」といわれるそうです。それはなぜかというと、神経伝達物質であるホルモン分泌にも大きな影響があるといわれています。

 

 神経伝達物質の重要なホルモンであるセロトニンは。実は脳ではなく小腸で作られるそうです。これは、精神のバランスをとるのに必要不可欠なホルモンだといわれています。

 

つまり、腸内環境が悪いと、このセロトニンの分泌も不安定になり、これがうつ病などの精神疾患へとつながることもあるということです。

 ③大腸がんなど大病につながることもある。

 ずーーーーっと屁がくさい人、これもいかん症状です。なんでも悪玉菌が腸内で腐っているからだそうで、腸内環境の悪化に伴うものも多いそうです。単純にう●こがたまっているから臭いということですが、これがいかんということでしょう。

 

屁がくさい=大腸がんにつながるという暴論も実はそのとおりだそうです。

 

 ここまでくると、腸内環境を整えよう!と感じてこられた方も多いかと思います。これを書いている私も、だんだん怖くなってきました。

 

 腸内環境を整えるありとあらゆることを試していきたいと思います。

 






 みなさん、こんばんは。二葉太郎です。


 昨日から、健康=腸内環境といっても過言ではないということで、腸内環境改善に関するニュース、情報、医学的な見識などなどいろいろ時間を惜しんで調べております。なんか、いつのまにか「腸内環境専門家 二葉太郎」と化しています・・・。


 でも、調べれば調べるほどいろんなことがわかり、また、医学的見識では、さまざまな議論が今まさになされているところで、ここから、薬学につながり、新しい医薬品、またはサプリメントなどなどが開発され、医薬品に関しては、臨床実験を繰り返し、商品化されるという長い長い道のりを経てここまで来ています。


つまり、今後数年で、腸内環境を改善する何らかのお薬、サプリ、商品などがどんどん出てきては消え・・・となっていくのでしょう。

46f87be91682759763b705224c3a4c8e-e1450690622108

 斯く言う私も、なかなか腸内環境を整えるという意識はいままで、正直ほとんど考えていませんでした。女性は、その分「便秘」など、いろいろと悩みがありますし、美容の分野でも、女性がメインとなってしまっています。

しかし、男性も同様です。腸内環境というのは男性も女性も同じ構造をしているのですから、当然同じ方法で効果があるわけです。どうしても女性の間ででしかこれらの情報が行き届いていないのが現実ですが、今こそ!我らがアラフォーオッサンも腸内環境を整えていきましょう!



 これを含めて、腸内環境を整える4つのキーワードをお知らせします。

a1dda03d5539ce9ae1e352ff898c4756


 ①腸内細菌(善玉菌)
  腸内細菌は、もともと腸内に住んでいる菌で、よく「善玉菌」と「悪玉菌」といわれています。
  このうち、「善玉菌」の9割といわれる「ビフィズス菌」が大切な働きをし、腸内環境を良好に保ちます。

 ②食物繊維
  腸内細菌を整えるうえでの大敵となるのが「便秘」です。まずこれを解消する役割を担うのが主に「食物繊維
  」で、さらに、腸内の病気、疾患に対する免疫力向上にも重要な役割を果たします。

 ③乳酸菌
  腸内環境を整えるうえで、「食物繊維」と同様に大切な要素がこの「乳酸菌」です。これは、「ヤクルト」をはじ
  めとして、「ヨーグルト」、「納豆」などの発酵食品から摂取することができます。

 ④ストレス発散
  これは、今までの①~③とはちょいと違ってきます。しかし、①~③で頑張って腸内環境を整えたところで、
  ストレスをため込んでしまうと、元の木阿弥です。

  運動や楽しいことをする、自分だけの時間を大切にすることも間接的に腸内の健康を保つことにつながります。

  次回は、そもそも、腸内環境が悪くなると、どう悪影響があるのかについてお話しいたします。
  



  

 

みなさん、こんばんは。二葉太郎です。


 これまで、心と体の健康とその中身について、いろんなアプローチからお話してきました。

 ともすれば、これらの内容って、女性限定と思われがちですし、逆に言うと、男性はあまりにもこの分野について無頓着過ぎたのかもしれません。日本人の平均寿命は、2015年の統計で、男性が80.79歳、女性が87.05歳となっています。まぁ、ここでも男性が6.3歳近く低いのはごらんのとおりですが、今は平均寿命とはべつに「健康寿命」ということばをよく聞きます。


 つまり、管につながれて病院や施設で延命されている人は、平均寿命には入っても、健康寿命からは外れているということです。これは、2013年の統計になるのですが、日本の健康寿命は男性が71.11歳、女性が75.56歳となっています。男性は、平均寿命から9年、女性に至っては、平均寿命から12年も短くなっています。


 これは、ベースとして、腸内トラブルが男性よりも女性の方が多いという統計も出ています。つまり男性よりも女性の方が、「便秘」、「代謝」が弱く、その結果、腸内環境への関心は女性の方が多く、健康寿命で行くと、男性が少し追い上げている現実があります。


 これは、世界一の数字だそうです。


 でも、あと何年?と考えると、私は今41歳。あと30年という計算になるわけです。皆さんそれぞれの年齢から逆算して、少しでも健康に楽しく生きていくことこそが、幸せにつながるのではないかと思います。


 これからも、健康、美容、腸内環境にこだわってブログを更新していきたいと思います。


 





 みなさん、こんばんは。二葉太郎です。

 今日から、こちら、
Livedoorブログさんの方で、美容・健康など、毎日の笑顔につながる情報、商品をバンバン体験して、バンバン紹介していきたいと思います。

 
さてさて、昨日までコンプレックスについて話しており、最終的に残ったのは、いわゆる「加齢臭」であります。「匂い」に関するコンプレックスは、大半の場合、病院で治療されると書いてきましたが、この「加齢臭」については、なかなかのくせ者です。

 
よく、会社で、加齢臭の強い上司が、香水をつけてごまかしているというケースに遭遇したことはありませんか?すれ違うたびに、「独特」の匂いが鼻をつき、その人が所属している部署の部屋一面が、その「匂い」に包まれているケースがたびたびあります。

 
そういう人が複数人数いると、これはもう地獄です。

 私、二葉太郎は、ジミー大西氏ほどではありませんが、鼻が利く方でありまして・・・・。こういう部屋は息苦しくて仕方がないです。

 
でも、実際に「加齢臭」に悩んでいる人は、生易しいことではありません。

 
加齢臭対策には「生活習慣の改善」とか「食生活の改善」などと書いてありますが、実際は即日勝負!!!

 
というわけで、「石鹸」や「ガム」なども効果があるようですが、いろいろ見てみて、最も手早く、持続性があるクリームがあるそうです。それが、こちら!!!




 24時間効果持続GRAV グラヴ 薬用デオドラントクリーム」です。これは加齢臭だけではなく、ワキガの一時的な対策、その他、匂い対策全般に効果がある優れもの。クリーム状なので、持続性があるのも特徴です。汗をかくたび何度も塗る必要もありません。

 あとは、他の匂いの悩みどうよう、体の中からケアしていく方法もあります。それは、こちら。





 体臭・口臭・加齢臭等臭いの本当の原因である体の中をキレイさっぱり「ひのまるくんショップ」

 これは、15で続けることが大切です。

 ニオイを元からスッキリさせる乳酸菌と熟成酵素と、昔から消臭効果が高いと言われている柿タンニンをたっぷりと配合されています。ニオイを根本原因から立ちつつ、消臭効果にも優れたサプリメントです。

 
つまりは、体臭予防だけでなく、腸内環境も整えてしまうという優れもの。私には加齢臭はないのですが、そんな方でも、「乳酸菌」の力は、以前「ヤクルト」で紹介した通りです。

 まずは、この2つ、匂いの悩みをお抱えの方は試してみてはいかがでしょうか?

 みなさん、こんばんは。二葉太郎です。

 

 さてさて、昨日から「体臭」のお話ししているのですが、この「ワキガ」でお悩みの方、たくさんいらっしゃると思います。

 

 この「ワキガ」ですが、腋の下に汗をかいて、これが細菌の餌となって発する匂いだといわれています。この分解が異常に早い人は、この匂いで包まれてしまうということです。別に「ワキガ」体質ではない人も、汗をかいてしばらく放置すると少しだけ同様の匂いがします。

 

 ワキガは、体質の遺伝が主な原因であるといわれています。

 とはいえ、親を怨んだところで、治るものでもなく、ちゃんと治療しましょう!

 

 まずは、「皮膚科」または「美容外科」に行きましょう!!!そして、医師から「ワキガ」です!と診断を受けたら、保険が効くそうです。したがって、3割負担ですので、かなり費用は抑えられます。ご安心ください。

 

 実際は、「ワキガ」の程度、つまり匂いの程度により治療法も変わるようですが、注射やレーザー治療から、切除手術までさまざまです。専門医に相談された方がいいと思います。

 

 なぜ、保険が効くかというと、手術をしても、「再発」の可能性もあるようです。この体質の方は、なかなか悩ましいと思いますし、下手な香水ではごまかしきれないので、とにかく、お医者さんに行ってください。

 

 明日は、病気ではない「加齢臭」について、お話しいたします。

 


 みなさん、こんばんは。二葉太郎です。

 

 昨日は、薄毛、育毛などなど、髪の毛についてのお話でしたが、今日からは「匂い」のお話です。

 

 「匂い」とひとことでいっても、「体臭」、「口臭」などなど様々ですし、種類によっていろんな対策があるものです。

 

 大別すると、この2つにわかれると思いますが、まず、「口臭」については、多くは、口の中の疾患が多いようです。たとえば、虫歯とか、歯周病、歯槽膿漏などなど。この辺は、歯医者さんにいくことで改善されます

 

 あとは、昨日たべたものによります。ニンニクパワーは絶大ですね。でも、そんなときは、「ブレスケア」などの口臭予防製品がコンビニなどに売ってますよね。

 

 口臭ケアは、割と進んでいると思います。

 

 一方「体臭」については、大変ですね。「ワキガ」とかをはじめとして、体質による分泌物の問題もありますし、歳をとるごとに出てくる体臭問題、つまりは「加齢臭」です。これも強い人と、まったくといってない人といますよね。これも体質のようです。

 

 明日は、この辺の体臭改善グッズをご紹介したいと思います。

 

P.S.近々、ブログを分離引っ越しいたします。ライブドアブログにて、同様の発信をしてまい   ります。もちろん、アメーバブログでも今のテンションで続けていくつもりですし、小林麻耶さんや小林麻央さんの近況などもアメーバでご紹介していきます。

 

 ただ、諸事情により、今話題の商品の紹介とか、なかなかできない部分もありますので、このへんは、引っ越し先で、より具体的に紹介していきます。

 

 リンクを貼って連動して運営していく所存です。今後ともよろしくお願いいたします。


 今夜、10時から市川海老蔵さんの密着ドキュメントが放送され、麻央さんも少しだけ出演されているようです。病気療養されて、久しぶりの出演になりますね。

 

 病気を公表されてから、出られるようになったと麻央さんはおっしゃっていますが、こうして、夫のことを、ご自分の体調もつらいのに、語られるとは、改めて、気丈で底抜けに優しい方だと、年上ながら尊敬してしまいます。

 

 今後もちょいちょい、麻耶さん、麻央さんの近況を代弁してご報告していきますね! 

 



 みなさん、こんばんは。二葉太郎です。

 

 育毛剤というと、どーしてもこれを思い出してしまいます。子供のころ、俳優の杉浦直樹さんが、なんだか、ビヨンビヨンしたくし状の物体を、頭にバシバシとたたきながら、「これが効くんだ!!!!」とおっしゃおられたのを記憶しております。

 

 当然、こどもの私も、いろんなものを頭にバシバシ叩きつけながら、そのCMの真似をしたものです。

 

 今調べてみると、まだありました!!!!鐘紡の「薬用紫電改」。今は、ドラゴンボールよろしく「薬用紫電改Z」だそうです。

 

 

 しかし、あのくし状の物体は見当たりません・・・・。その辺が改良されたのでしょうか?

 

 最近で言えば、杉下右京・・・いや、水谷豊さんがCMしている「リアップ」が印象に残っています。

 

 

 そのほかにもシャンプー状のものとか、ありますよね。

 

 さらに、植毛の分野になると、子供のころは2大巨頭「アデランス」「アートネイチャー」でした。こどものころの私は、「かつら」=「アデランス」というくらいの図式でした。

 

 今は、第3勢力????といってもいいくらいの「リーブ21」がCM力がつよいですね。「なやみむよー」ですよ。

 

 美容、コンプレックス改善商品の詳細については、後日シリーズで始めようと思ってますが、まずは概要から説明しないとですね。

 

 実は、個人的に先日「円形脱毛症」になってしまいまして・・・・。ブログの書きすぎかな?そんな二葉太郎でした。


 みなさんこんばんは。二葉太郎です。

 

 まぁ、おっちゃんの私としては、やはりコンプレックスの代表といえば「薄毛、ハゲ」であります。まずは、芸能人で大きく分けると4パターンがありますので、整理してみましょう!

 

 ①そのまんま放置タイプ

  東国原英夫氏 トレンディエンジェルのお二人(斎藤氏、須藤氏)、温水さん、海原はるかさん、ブラックマヨネーズ小杉氏、高橋克実氏、江頭2:50氏などなど・・・

 

 ②カツラでカバータイプ

  故パンチョ伊東氏、(加山雄三氏???)、(小倉智昭氏???)などなど

 

 ③植毛で現状維持!!タイプ

  谷村新司氏、さだまさし氏、(タモリさん?????)、などなど

 

 ④ハゲたらしょーがない!全部そってまえ!!!タイプ

  松山千春氏、竹中直人氏、サンプラザ中野氏(元からスキンヘッド?剥げてる????よーわからん。)などなど。

 

  まぁ、大別すると、この4パターンかな?と思います。男性諸氏、もしも剥げたらどーします?ちなみに私は①か④でしょう。②、③は金がかかるうえに結構リスキーだと思います。上記は芸能人で、やはり知名度が高いのでこういうことになると思うのですが・・・。

 

 ※( )でくくっている人はあくまでうわさでございます。


 みなさん、こんばんは。二葉太郎です。

 

 さてさて、美顔、美容、腸内環境など、直接的な方法で、体をケアして、リズムを作りましょう!というご提案をさせていただいていたのですが・・・。

 

 どーしても心と体のバランスを崩してしまうのが「コンプレックス」というやつです。この「コンプレックス」というやつは非常に厄介で、周りの人から見て、「そんなことがコンプレックスなの????」といいたくなることでも、当人によっては、これまでの経験から「コンプレックス」になっているものです。

 

 極端な例で行くと、いわゆる、ジャニーズクラスのイケメンでも、中学や高校の頃「女みたいな顔しているね!」とさんざん言われた挙句、応募すればモデルや芸能界、ジャニーズにいけそうなやつでも、「自分の顔」にコンプレックスを感じている人もいるのです。

 

 まぁ、ここでは、そういう「特殊」なコンプレックスは、置いといて、多くの人が悩んでいるであろう「コンプレックス」、しかもケアできるものについて取り上げていきたいと思います。

 

 具体的には、「薄毛、育毛」、「体臭、加齢臭」、「口内問題」などなどたくさんありますので、いろんな情報をのせていきまーす。

 

 

 


このページのトップヘ