二葉太郎の美容、健康、メンタルヘルス、なんでもきやがれ!

初めまして!二葉太郎です。5年前から、心と体を壊し、現在リハビリ中ですが、私、二葉太郎が、今までの経験から心と体を元気にする秘訣を書いていきます!また、美容グッズ、健康グッズ、メンタルヘルスの方法、いろんな情報も満載でお届けいたします。

カテゴリ: 心も体も元気になる方法!

 みなさん、こんばんは。二葉太郎です。


 昨日から、健康=腸内環境といっても過言ではないということで、腸内環境改善に関するニュース、情報、医学的な見識などなどいろいろ時間を惜しんで調べております。なんか、いつのまにか「腸内環境専門家 二葉太郎」と化しています・・・。


 でも、調べれば調べるほどいろんなことがわかり、また、医学的見識では、さまざまな議論が今まさになされているところで、ここから、薬学につながり、新しい医薬品、またはサプリメントなどなどが開発され、医薬品に関しては、臨床実験を繰り返し、商品化されるという長い長い道のりを経てここまで来ています。


つまり、今後数年で、腸内環境を改善する何らかのお薬、サプリ、商品などがどんどん出てきては消え・・・となっていくのでしょう。

46f87be91682759763b705224c3a4c8e-e1450690622108

 斯く言う私も、なかなか腸内環境を整えるという意識はいままで、正直ほとんど考えていませんでした。女性は、その分「便秘」など、いろいろと悩みがありますし、美容の分野でも、女性がメインとなってしまっています。

しかし、男性も同様です。腸内環境というのは男性も女性も同じ構造をしているのですから、当然同じ方法で効果があるわけです。どうしても女性の間ででしかこれらの情報が行き届いていないのが現実ですが、今こそ!我らがアラフォーオッサンも腸内環境を整えていきましょう!



 これを含めて、腸内環境を整える4つのキーワードをお知らせします。

a1dda03d5539ce9ae1e352ff898c4756


 ①腸内細菌(善玉菌)
  腸内細菌は、もともと腸内に住んでいる菌で、よく「善玉菌」と「悪玉菌」といわれています。
  このうち、「善玉菌」の9割といわれる「ビフィズス菌」が大切な働きをし、腸内環境を良好に保ちます。

 ②食物繊維
  腸内細菌を整えるうえでの大敵となるのが「便秘」です。まずこれを解消する役割を担うのが主に「食物繊維
  」で、さらに、腸内の病気、疾患に対する免疫力向上にも重要な役割を果たします。

 ③乳酸菌
  腸内環境を整えるうえで、「食物繊維」と同様に大切な要素がこの「乳酸菌」です。これは、「ヤクルト」をはじ
  めとして、「ヨーグルト」、「納豆」などの発酵食品から摂取することができます。

 ④ストレス発散
  これは、今までの①~③とはちょいと違ってきます。しかし、①~③で頑張って腸内環境を整えたところで、
  ストレスをため込んでしまうと、元の木阿弥です。

  運動や楽しいことをする、自分だけの時間を大切にすることも間接的に腸内の健康を保つことにつながります。

  次回は、そもそも、腸内環境が悪くなると、どう悪影響があるのかについてお話しいたします。
  



  

 

みなさん、こんばんは。二葉太郎です。


 これまで、心と体の健康とその中身について、いろんなアプローチからお話してきました。

 ともすれば、これらの内容って、女性限定と思われがちですし、逆に言うと、男性はあまりにもこの分野について無頓着過ぎたのかもしれません。日本人の平均寿命は、2015年の統計で、男性が80.79歳、女性が87.05歳となっています。まぁ、ここでも男性が6.3歳近く低いのはごらんのとおりですが、今は平均寿命とはべつに「健康寿命」ということばをよく聞きます。


 つまり、管につながれて病院や施設で延命されている人は、平均寿命には入っても、健康寿命からは外れているということです。これは、2013年の統計になるのですが、日本の健康寿命は男性が71.11歳、女性が75.56歳となっています。男性は、平均寿命から9年、女性に至っては、平均寿命から12年も短くなっています。


 これは、ベースとして、腸内トラブルが男性よりも女性の方が多いという統計も出ています。つまり男性よりも女性の方が、「便秘」、「代謝」が弱く、その結果、腸内環境への関心は女性の方が多く、健康寿命で行くと、男性が少し追い上げている現実があります。


 これは、世界一の数字だそうです。


 でも、あと何年?と考えると、私は今41歳。あと30年という計算になるわけです。皆さんそれぞれの年齢から逆算して、少しでも健康に楽しく生きていくことこそが、幸せにつながるのではないかと思います。


 これからも、健康、美容、腸内環境にこだわってブログを更新していきたいと思います。


 

 みなさん、こんばんは。二葉太郎です。

 

 昨日に引き続き、腸内環境を整えることについてお話ししたいと思います。

 

 昨日は、最も古く、おなじみの「ヤクルト」についてご紹介しましたが、ヤクルト製品をはじめとして、飲んだり、タブレットだったり、いろいろ継続できるような工夫が最近されているようです。これらの商品は、比較的安く、長く続けられそうなものをピックアップしてみました。

 

 これら以外にもたくさんいろんな商品がありますよ。

 

 

 しかし、これらだけで腸内環境が完璧になるということではありません。もちろん、これらは「直接的」によくするアイテムなのですが、「間接的」にも大切な要素が4つあります。

 

 ①肉中心の食生活をやめること

 ②食物繊維や発酵食品をできるだけ取り入れる

 ③適度な運動をする

 ④ストレスをため込まない

 

 以上です。詳細は、出典のhttps://matome.naver.jp/odai/2139286631536174501 をご覧ください。まぁ、いろんなところで言われていることですが、これらを生活に取り入れ、さらに、ヤクルトなどを摂取すると、もう完璧!ということになります。

 

 とはいってもねぇ・・・。忘年会、新年会などが多い時期、あるいは送別会、歓迎会が多い春先などは、なかなかうまくいきませんよねぇ。

 

 極力、上記のことをふまえて、日々のリズムをととのえましょう! 私もがんばらないと・・・・。


 みなさん、こんばんは。二葉太郎です。

 

 これまでは、心と体の健康は、「笑い」からというところから、美顔グッズ、アンチエイジングについて話してまいりました。

 

 前回は、アンチエイジングを物理的に保つ方法をご紹介しました。しかし、費用が掛かるのがちょっと・・・・という感じでした。

 

 アンチエイジングは何も女性だけではありません。男性にも重要な要素となるのです。なぜなら、アンチエイジングはタイトルにも書いた通り「予防治療」となりうるからです。

 

 では、何を予防するかというと、ズバリ「生活習慣病」です。

 

 これにはいろんな病気がありますが、歳をかさねるにつれて、命に係わる病気になることも多々あります。

 

 以上の流れより、次回からは、ちょいと「腸内環境」を整えるには?という感じで、いろんな情報、グッズをご紹介してまいります。

 

 さぁ、二葉太郎の健康談議も、核心にせまってまいりました。

 

 毎日読んでみてくださいね。 


 こんばんは。二葉太郎です。

 

 昨日は超音波を使った美顔グッズをご紹介しましたが、今日はさらに強力なレーザー技術を使った美顔器のご紹介。

 

 なんでも、アンチエイジングと美顔の双方をかなえる新しい美顔器のようです。

 その名も「トリア・スキン エイジングケアレーザー」だそうです。メイプル超合金のカズレーザーのような名前ですが・・・。

 

 詳しくはこちら・・・。

http://www.triabeauty.co.jp/triajapan/afsrl.html?utm_source=Affiliate_a8&utm_medium=affiliates&utm_campaign=aims_SRL_a8

 

c0ea006c.jpg

 8週間続けたら、驚きの効果が期待できるそうです。しかし、お値段が本体価格6万7千円と専用ジェルつきという、どうしても高価なのは、昨日の超音波美顔器と同じですね。

 

 まぁ、お金に余裕のある方は、お試しする価値はありそうです。今度は、消耗品の部分で見つけてきますね。


身体検査の前の日は、ご飯控えめにする?

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

 
 ちょっと、押してみたら、こんなことに・・・・・。
 
 今日は身体検査の日らしいです。こんな年の瀬に身体検査なんて・・・とお思いでしょう。私も思いました。
 
 でも、健康、美容、メンタルヘルス・・・・っていうのなら、まず現状を知ることが大切かもしれませんね。
 
 年が明けたら、検診しましょ!そこから、健康グッズ、お笑いグッズ、いろいろご紹介してみます。お店に行ったり、ネットショッピングで商品を見ていると、いろいろありますねぇ。気になったものからご紹介します!お楽しみに!
 
 

心も体も元気になる方法<その2>

 

 わたしは、幼少のころ半年間ほどいじめられた経験があります。まぁ、いじめといってもいろんな種類があるのですが、私の場合は、「集団無視」であります。

 それ以来、私はなんかやたらと人の顔色を見る習慣がついてしまいました。つまり、いじめようとする「首謀者」なのか、言われて無理からやらされている「傍観者」なのかを判別するためでした。

 結局よくはわからなかったし、いじめられた原因も首謀者がわからなければよくわかりません。

 

 しかし、この状態がいちばんいけないのです。もう、お察しのことかと思いますが、原因がわからない=すべてが原因?という図式がいつの間にか頭の中でできてしまうのです。

 

 これが、また例によって例のごとく、頭からこびりついて離れません。

 

 これは、しばらく尾を引きました。というと語弊があるのですが、このことがきっかけで、中学受験を志すようになりました。

 

 そのままのマインドで、サラリーマンまで突っ走ってしまったので、結局どこに影響が出たかというと、「人間関係に異常にストレスを感じてしまっていた」ということでした。

 

 それでは、どうやって消化したのか・・・・。

 

 一時期は、何とか原因を調べようとも思ったし、「いじめられたことによるよかったことと悪かったこと」という形で整理していたのですが、それでも消化できませんでした。

 

 結局のところ、キーワードはずばり!「無関心」です。

 

 要するに、それについて思い出そうとしたら、急いで逃げることです。もちろん思い出しそうなところにも近づかないとか、最初はいろいろ努力しましたが、今では、母校に近づいても平気になりました。それと同時に人間関係についても、周囲から、「二葉さん、明るいね!」とまで言われるように戻ってきました。

 

 当然、今までも明るいとは言われていましたが、それは、「所詮つくられた明るさ」 だったのです。

 

 人間関係って、難しいですよね。好きも嫌いもあるでしょうが、基本「無関心」が最大の武器のようです。これから、このワードはちょいちょい出てくるので、またの機会に・・・。


 さてさて、本題。

 

 心も体も元気になる方法<その1>

 

 自分を責めないでください!

 

 別に、責めすぎない人はいいと思うのですが、人によっては、そんなに自分を責めなくていいのに・・・。という人、いませんか?または「あっ、自分はそれに当てはまる!」という方も多いと思います。

 

 私も、自分を責めすぎた部分はありました。サラリーマン時代に、当然小さな失敗、大きな失敗をしてしまうものです。怒られるのはどーってことないのですが、そのあとが問題です。あとから、「あんとき、こうしておけばよかった・・・」とか、「こういう時はこうすればいいのか・・・」などなど。

 失敗から学ぶことは大切なのですが、上記のような反省が、必要以上に頭にこびりついてしまう人は、心を壊す可能性があります。

 

 また、それ以上に怖いのは、こういう状態のまま、一生懸命頑張ってしまう人です。こうなると、もはや、心を壊してしまっていることすら気づかないことも多いようです。

 

 そして、気づいたら、倒れてしまった・・・。会社に行けなくなった・・・・。いつも乗ってた電車に乗れない・・・などの症状がでて初めて気付いてしまうことも。こうなると、治るの結構時間かかります。

 

 それでは、こういう人はどうすればいいのか?諸説色々あるのですが、「マイナス思考」にとらわれてしまったら、まずは「休む」ことが大事かもしれません。こういう性格の方は、なかなか「休みます!」ということも遠慮しちゃう感じの人が多いのですが、思い切って「休みましょう!!!!」なんなら、数日思い切って休みましょう!

 

 結論から言うと、数日休んでも、何とかなります。ここでつく嘘は、いわゆる「嘘も方便」だと思います。

 

 心を完全に壊してしまったら、大変です。そして結局困るのは自分自身なので、心も体も疲れたときは、思い切って休みましょう!!!!自分を責めないで!!!頑張ることが美徳じゃなかった・・・・・。とほほです。

 


このページのトップヘ