二葉太郎の美容、健康、メンタルヘルス、なんでもきやがれ!

初めまして!二葉太郎です。5年前から、心と体を壊し、現在リハビリ中ですが、私、二葉太郎が、今までの経験から心と体を元気にする秘訣を書いていきます!また、美容グッズ、健康グッズ、メンタルヘルスの方法、いろんな情報も満載でお届けいたします。

カテゴリ:心も体も元気になる方法! > 腸内環境

 みなさん、こんにちは。スムー爺です。

 スムージーを研究して100年(大嘘)・・・。今飲んでいるスムージーのメリット、デメリットをしっかり書かねばと思い、筆をとっておるしだいです。


 ていうか、よーするに、最初に便がかなり(今も継続中)でまくって、その分のお腹がへこんだですよ。はい。でもですね、それ以外に目立った報告ってぇと、なかなか難しいので、こういうことを書くことにしたですよ。

 というわけで、あくまで腸内環境にこだわっていこうとおもーとります。

 っていうか、上に張っているリンクのページを見てくだされば、大方わかると思いますし、機能性食品の宣伝って、大半がメリットばかり書いてあるので、あえて、デメリットから。


 これってですね、結構おなかが冷えるそうなんです。そりゃぁ、今の寒い時期に冷たいジュースを飲んだらお腹が冷えるのは当たり前ですが、スムージーに頼り切らないようにしてください。

 つまり、こればかり飲めば、ダイエットにつながるのですが、同時に胃腸の機能が低下するそうです。そうすると、せっかく腸内環境を整えようと思って飲み続けても、胃腸の機能低下では、本末転倒です。

 でも、今飲んでいるスムージーは機能性食品なので、1杯当たりのカロリーが16kcalに抑えられているので、年単位で続けていけば、減量、シェイプアップにつながるかもしれませんね。

 とにかく、1日1回!!!!!これ以上は飲むな!!!!!!!が結論です。


 また明日もスムー爺、登場しますよん!
 

 みなさん、こんばんは。二葉太郎です。

 スムージーを始めて5日。相変わらず、快便状態は進んでおりますが、それ以外は今のところ自覚症状において、改善はございません。

 
 しかし、おいしく、また、面倒くさがりな私にとっては、このロイヤルスムージーは今のところ続けることができています。


 ここで、スムージーの効果について少し。


img-001

 そもそも、こういうドリンクを「グリーンスムージー」というらしく、アメリカのドラマでも出てくるスムージーは、だいたい「フルーツのみを混ぜた」ドリンクだそうです。

 緑の野菜が入っているものを「グリーンスムージー」というそうです。


 そういえば、子供のころ、スムージーではないのですが、ジューサーというものがあって、私自身が幼少のころ、野菜が苦手だったので、リンゴと人参でジュースを作ってよく飲んでいたのを思い出します。

 それまで、よく風邪をひいていた記憶があるのですが、このジュースを飲み始めて、納豆ご飯を毎日食べ始めて、さらに学校に行きだして、「学校給食」が始まったあたりから、ほとんど風邪をひかなくなったことを思い出します。やはり、これも腸内環境を自然に改善していったのでしょうね。


 子供のころを思い出したら、既にグリーンスムージーじゃないですけど、野菜とフルーツ、発酵食品を毎日摂取することによって、体調改善につながった経験をすでに自分はもっているなと改めて過去の記憶の扉が開きました。


 41歳になって、だいぶあかんことになってるとおもいますので、ここで再度、スムージー効果を体感したいと思います。


 また経過報告いたします!!!

 みなさん、こんばんは。二葉太郎です。

 スムージーを始めて3日目になるのですが、まぁ、出る出る。とにかくトイレで快便!!!!!!のっけから汚い話ですみません。これについては、ラジオでもしゃべろうと思っているのですが、これがすごい。とりあえず、ものすごくポッコリしていたお腹がだいぶへこんでまいりました。

 でも、ダイエットするわけではなく、腸内環境を整える試みなので、ご飯もしっかり食べてます。まずはどこまで減るかわかりませんが、今んところ、べつにストレスもなく、普通にご飯を食べております。


 スムージー体験記の後は、もう一つ気になる内臓の調子、「肝機能」について調べてご紹介していこうと思っています。


 みなさんも、心と体の健康のために、何か始めてみませんか?


 アメブロでも違ったアプローチから情報を発信しております。


 また、スムージーに興味のある方はこちらから覗いてみてください!

 なんだか、急に腸内環境が重要だと思い始めた私。胃腸の状態だけでなく、精神的な疾患まで胃腸が関与しているとなれば、これは、一日でも早く行動に移さねば!!!と思い今日から、スムージーを始めました!


 まぁ、いろいろと商品はたくさんありますね。コンビニやスーパーにもたくさん置いてあるし、ネット上にもわんさかホイホイ。

 でも、とりあえず安く確実に始められそうなものを見つけてきました。その名も「ロイヤルスムージー」

 まぁ、まずは、値段なんですが、20回分で3,000円ということで無難だなと。コンビニで今売っている「グリーンスムージー」は180円とか190円とかしたと思うので、まずは安価に続けられそうです。


 むかし、親父が、青汁を似たような形で飲んでて、体調がよくなったので、私も試してみようと・・・。でもタバコや酒をやめるのと一緒で、やっぱり自分で恐怖感を感じないと、なかなか重い腰が上がりませんよね。

 でも、そんな私でも今回続けてみようと思いました。
 
 では、続け方って?てぇことなんですが、いろんなサイトから情報を集めると以下のようになるようです。


 ●ダイエットと併合して、スムージーにたよってはいけません


 どういうことかというと、とりあえず、「宿便」分は痩せるそうですが、結局は野菜ジュースにも言えることなのですが、こればかり飲んで、カロリーは減少して、栄養価は非常に高いので大丈夫!ではないそうです。


 スムージーは、体を冷やす効果(逆効果?)があるそうなので、こればかり飲んでいると、胃腸の機能が低下するということです。胃腸の機能が低下するということは、「腸内環境」を改善することとおおよそ反対になってしまいます。それに、せっかく栄養価が高くでも、吸収率が悪くなってしまうため、非常に栄養価の高い便が出続ける結果となるようです。


 また、家のジューサーで作ってしまうと、適量ずつ入れてといっても、場合によっては材料が腐ってしまうケースも考えられるので、意外とカロリーは抑えることができないそうです。


 したがって、出来合いのものを、忙しい朝に1杯!あとは、低カロリーにこのスムージーは調整してあるので、お昼ご飯をしっかり食べる!という感じでしょうか。そうすると、腸内も非常に代謝がよくなりそうですね。


 また、最近はやりのプラセンタやコラーゲン、そして、腸内を整える「乳酸菌」も配合されているので、これ一つで十分かな?という感じです。


 とりあえず、続けてみないと効果はわからないので、上記の形で続けてみます。


 興味のある方はこちらから・・・。


 というわけで、「スムージー体験記」という新しいコーナーもできたところで、この辺にしたいと思います。


 みなさん、こんばんは。二葉太郎です。

 なんだか、調べていくうちに、腸内環境を整えるって、もーーーーーのーーーーーすーーーーごーーーく大事であることが、わかりました。

 正直、わたし、こわくなってきました。これ、まじでっせ。ホントに40代の方を筆頭に、男性、女性問わず、これはトライした方がいいですよ。

 その内容は、こちらです。

 
免疫力を向上
  昨日の話で、「食物繊維」は便秘を解消するだけでなく、免疫力を向上させるということだったのですが、それによって、腸内のトラブルだけでなく、皮膚アレルギーやアレルギー性鼻炎、気管支喘息などのアレルギー性疾患を初めとして、免疫力の低下によって発生する感染症などにも効果があります。

 

 また、これらの病気だけでなく、お肌の調子もよくなりますので、健康だけでなく美容にも大きな効果があるということです。

 ②腸は第二の脳
 
 「腸は第二の脳」といわれるそうです。それはなぜかというと、神経伝達物質であるホルモン分泌にも大きな影響があるといわれています。

 

 神経伝達物質の重要なホルモンであるセロトニンは。実は脳ではなく小腸で作られるそうです。これは、精神のバランスをとるのに必要不可欠なホルモンだといわれています。

 

つまり、腸内環境が悪いと、このセロトニンの分泌も不安定になり、これがうつ病などの精神疾患へとつながることもあるということです。

 ③大腸がんなど大病につながることもある。

 ずーーーーっと屁がくさい人、これもいかん症状です。なんでも悪玉菌が腸内で腐っているからだそうで、腸内環境の悪化に伴うものも多いそうです。単純にう●こがたまっているから臭いということですが、これがいかんということでしょう。

 

屁がくさい=大腸がんにつながるという暴論も実はそのとおりだそうです。

 

 ここまでくると、腸内環境を整えよう!と感じてこられた方も多いかと思います。これを書いている私も、だんだん怖くなってきました。

 

 腸内環境を整えるありとあらゆることを試していきたいと思います。

 






 みなさん、こんばんは。二葉太郎です。


 昨日から、健康=腸内環境といっても過言ではないということで、腸内環境改善に関するニュース、情報、医学的な見識などなどいろいろ時間を惜しんで調べております。なんか、いつのまにか「腸内環境専門家 二葉太郎」と化しています・・・。


 でも、調べれば調べるほどいろんなことがわかり、また、医学的見識では、さまざまな議論が今まさになされているところで、ここから、薬学につながり、新しい医薬品、またはサプリメントなどなどが開発され、医薬品に関しては、臨床実験を繰り返し、商品化されるという長い長い道のりを経てここまで来ています。


つまり、今後数年で、腸内環境を改善する何らかのお薬、サプリ、商品などがどんどん出てきては消え・・・となっていくのでしょう。

46f87be91682759763b705224c3a4c8e-e1450690622108

 斯く言う私も、なかなか腸内環境を整えるという意識はいままで、正直ほとんど考えていませんでした。女性は、その分「便秘」など、いろいろと悩みがありますし、美容の分野でも、女性がメインとなってしまっています。

しかし、男性も同様です。腸内環境というのは男性も女性も同じ構造をしているのですから、当然同じ方法で効果があるわけです。どうしても女性の間ででしかこれらの情報が行き届いていないのが現実ですが、今こそ!我らがアラフォーオッサンも腸内環境を整えていきましょう!



 これを含めて、腸内環境を整える4つのキーワードをお知らせします。

a1dda03d5539ce9ae1e352ff898c4756


 ①腸内細菌(善玉菌)
  腸内細菌は、もともと腸内に住んでいる菌で、よく「善玉菌」と「悪玉菌」といわれています。
  このうち、「善玉菌」の9割といわれる「ビフィズス菌」が大切な働きをし、腸内環境を良好に保ちます。

 ②食物繊維
  腸内細菌を整えるうえでの大敵となるのが「便秘」です。まずこれを解消する役割を担うのが主に「食物繊維
  」で、さらに、腸内の病気、疾患に対する免疫力向上にも重要な役割を果たします。

 ③乳酸菌
  腸内環境を整えるうえで、「食物繊維」と同様に大切な要素がこの「乳酸菌」です。これは、「ヤクルト」をはじ
  めとして、「ヨーグルト」、「納豆」などの発酵食品から摂取することができます。

 ④ストレス発散
  これは、今までの①~③とはちょいと違ってきます。しかし、①~③で頑張って腸内環境を整えたところで、
  ストレスをため込んでしまうと、元の木阿弥です。

  運動や楽しいことをする、自分だけの時間を大切にすることも間接的に腸内の健康を保つことにつながります。

  次回は、そもそも、腸内環境が悪くなると、どう悪影響があるのかについてお話しいたします。
  



  

 

このページのトップヘ