二葉太郎の美容、健康、メンタルヘルス、なんでもきやがれ!

初めまして!二葉太郎です。5年前から、心と体を壊し、現在リハビリ中ですが、私、二葉太郎が、今までの経験から心と体を元気にする秘訣を書いていきます!また、美容グッズ、健康グッズ、メンタルヘルスの方法、いろんな情報も満載でお届けいたします。

カテゴリ: 障害年金

 みなさん、こんにちは。二葉太郎です。
 
昨日は、障害年金の遡上請求分をいただくことができなかったと申し上げました。同じような苦しみを背負っており、障害年金をこれから申請しようという方は、前回の記事を必ず読んでください。


 また、私もそうでしたが、町医者レベルにずーーーっと通っていると、薬ばかり必要以上に処方され、肝心の制度について教えてくれない医者も多いです。

 自立支援制度や障害年金制度、精神障碍者手帳に関して、まったく知らねーよ。という方は、ちょっと大きめの心療内科、精神科に変えてください。そういうところにはケースワーカーさんがいらっしゃるので、手続き時はもちろん、更新(精神障碍者手帳は2年ごとに更新。自立支援制度は毎年更新、障害年金は3年後の誕生日まで)の時期を教えてくださるので、医療費は下がるし、手続きは案内してくださるので、安心です。
 
私のような「双極性感情障害」は基本的に治癒しないといわれています。しかし、薬を頼らなくても安定している状態を「緩解」といいます。ここを目指して、ストレスや体の状態と相談しながら徐々に減薬をしていきながら、緩解にたどり着くのが目標です。
 
正直、そこまでの過程は大変ですし、中には、この病気を隠して働いている人がたくさんいるようです。


 私は、できるだけ正々堂々と生きたいし、かくして働いていても、症状が悪化した場合、雇用先にも迷惑が掛かるので、障害年金とアルバイトで生計を立てています。
 
何度も言いますが、こんな状態になったら、苦しむのは自分です。こうなる前に、心と体の健康を保ちながら、仕事量が過多になっている人は、少し長めに休んで、仕事量を調節しましょう。
 
会社ににらまれるより、体と心を壊した方が大変です。

 みなさん、こんばんは。二葉太郎です。
 
 障害年金をこれから受けようとしている人は、必ず読んでください!!!
 
 断薬をしてしばらくは問題なかったのですが、断薬するとひどくなるといわれていますがその通りで、それから4年たって再発しました。それは、普通に通勤している時起こりました。いつもの駅にいつもの時刻にたどり着いて、いつも乗る電車を待っていました。
 
 それまで、体調はすぐれているとはいいがたかったのですが、仕事が忙しすぎて、一度にやるべきことが多く、頭の中で今日はこれとこれとこれと・・・・と考えながら電車を待っていました。これも別に珍しいことではなく、家を出てから会社につくまで、大抵音楽を聴きながら今日の仕事の流れをシミュレートしていました。
 
 そして、電車がついてドビラが空くと、なぜか、足が前に動きません。扉の奥の人たちを見ると、急にドキドキしはじめ、その場にうずくまってしまいました。そのまま電車は発車しました。私は駅のホームでうずくまったままでした。とても息苦しく、頭がまっしりになってしまいました。だんだん視界が狭くなって、気を失いそうになりました。貧血かと思いましたが、気を失いそうになって、はぁはぁいっているのに、気を失いそうでなかなか失いません。そのままうずくまること1時間。家に帰りました。
  
 そうです。パニック障害です。その後、顕著に現れるようになり、病院に行きました。
そのあとも断薬と通院を繰り返して、現在も通っている病院にたどり着いて、再度問診していただき、下った結果は「双極性感情障害Ⅱ型」と「パニック障害」でした。
 
そこで初めて、自立支援制度というものと、障害年金制度というものを知りました。
 
ここからが大事です。まず、精神障碍者手帳を役所に申請します。そのあとで障害年金制度に申請します。障害年金は、厚生年金に1年以上加わっていれば、資格を得ることができます。あとは家族構成で増額されるのですが、この年金の特徴として、最長5年分の年金額を遡上請求することができます
 
この遡上請求ですが、例えば障害年金等級が3級精神障碍者手帳の級とは異なります。)の場合、上記の条件を満たしていれば、年間70万円近く来ます。
 
 そうすると、5年さかのぼれるのですから、350万円近くもらえることになります。この最大条件として、初診日(初めて心療内科または精神科に行った日)から1年半後を遡上の起算日に指定されます。
 
つまり、初診日の証明書と、1年半後の通院証明書が必要になるということです。
 
私は、上記の通り、1年半後、通っていませんでした。したがって、遡上することができず、私は2級だったため、軽く550万円もらい損ねたことになります・・・・・。
 
 皆さんも気を付けてくださいね。経済的に余裕があるなら、セカンドオピニオンとして病院を変えたりして、対策を練るのも手です。また、申請するには、かなり面倒でたくさんの書類を提出する必要がありますので、社会保険事務所と病院のケースワーカーさんと相談して提出してください。
 
 また、この辺のお話は別個いたします。質問等はわかる範囲でお答えします。

このページのトップヘ