二葉太郎の美容、健康、メンタルヘルス、なんでもきやがれ!

初めまして!二葉太郎です。5年前から、心と体を壊し、現在リハビリ中ですが、私、二葉太郎が、今までの経験から心と体を元気にする秘訣を書いていきます!また、美容グッズ、健康グッズ、メンタルヘルスの方法、いろんな情報も満載でお届けいたします。

カテゴリ: 歯の健康

 みなさん、こんにちは。二葉太郎です。

 なんだか、タイトルからいきなり不穏な感じがするかと思いますが、嘘のような本当の話です。

 一般的に、噛み合わせの問題で健康を損なう危険性があるという話は、どこかで聞いたことがあるのではと思います。したがって、私たちが子供のころから、いわゆる「歯の矯正」をしている人も多かったように記憶しております。

 ちょうど、第2次性徴の速度と、歯の生え具合によって、歯並びが決まるといってもいいかと思います。

 
 まぁ、しかし、これは矯正歯科というカテゴライズもあるように、対処方法は様々ですし、日々進化しています。

 でも、虫歯って、いたくなかったら、どーしても歯医者さんに行きにくいですよね。ホントに痛くなってから行くという感じの人が多いのではと思います。

 しかし、虫歯にも程度があって、子供のころの歯科検診でよく「C1、C2・・・」とか聞いたことがあるかもしれません。これこそ虫歯の程度を表すもので、ガンのステージにも似ているのですが、進行して、虫歯菌が血流に流れ出すと、思わぬ悪さをします。

 たとえば、脳に流れて、「脳梗塞」、心臓付近に流れて「心筋梗塞」、「心内膜炎」を引き起こすことがあるそうです。

 ホントに稀なケースのようですが、歯を失うとこわいですよ・・・・・。


 最後に虫歯の気持ち悪い画像を載せておきます。

 それでもあなたは、虫歯を放置しますか???次回は、歯のメンテナンスについてお話ししたいと思います。

shutterstock_130972454-e1429681812557

3Mix-case1-before

 32

 みなさん、こんにちは。二葉太郎です。

 これまで、心と体の健康ということで、腸内環境を中心にお話してきましたが、もう一つ、重要な要素があります。

 それは「歯の健康」です。

 
 私たちが子供のころは、乳歯に茶色い虫歯をたくさんこさえて、痛くなると歯医者さんに行くという感じでした。いわゆる「対処療法」がメインです。歯医者といえば町医者の歯医者さんくらいで、その他にはあまり覚えがありません。

 しかし、今は、「小児歯科」というものがたくさんあり、歯医者さんの雰囲気も大きく変わりました。「8020運動」とか、予防歯科という言葉が出てきたとおり、歯へのアプローチが変わったと思われます。

 つまり、歯は歯だけの問題ではなく、全身に影響するということが徐々にわかってきたからだと思われます。

 
 やはり、歳をとるまで歯の健康というのは大切ですし、歯並びや本数に如実にかかわってくるものだと思います。

 
 歯の健康と体の健康とはどうつながっていくのか、具体的にお話をしていきます。



 
 
 

このページのトップヘ