二葉太郎の美容、健康、メンタルヘルス、なんでもきやがれ!

初めまして!二葉太郎です。5年前から、心と体を壊し、現在リハビリ中ですが、私、二葉太郎が、今までの経験から心と体を元気にする秘訣を書いていきます!また、美容グッズ、健康グッズ、メンタルヘルスの方法、いろんな情報も満載でお届けいたします。

タグ:ちんこ




 みなさん、こんにちは。二葉太郎です。


 以前から、包茎の話ばかりしてきましたが、そもそも論をすーーーーっかり忘れていました。


 男性のコンプレックスといえば、ちんこに集中するのですが、何しろ自分が仮性包茎なもので、ここにコンプレックスの焦点を当てすぎました。


 そもそも、いちばん多いちんこのコンプレックスは、ずばり!「短小」ということです。

 もちろんこれも、何日か前に羅列したクリニックで対処可能なのですが、この辺については、お薬もあります。ユ●ケル口蹄疫や、赤マ●シ、バイア●ラ、のように、元気ビンビンにしたところで・・・・。という皆さん、朗報です。

 
 この分野でも、技術革新が目覚ましく、様々な増大アイテムがそろっています。


 そこで、今日はこちらをご紹介します。



 圧倒的に成分吸収力を高めることに着目した、今までなかった革新的な商品スペックです。

 【業界最大級!200種類・極生成分濃縮配合】×【業界最新式!BIG生サプリ・3タイプ方式】

  男性がパワフルになる200種類の成分を、吸収力を高めるために、 生のまま3つのBIG生サプリへ、ダイナミックに濃縮配合しました。


  各成分の配合量を多くするために、3つのBIG生サプリに配合しています。 その比類なき3つのBIG生サプリとは… 「動物系カプセル(530mg)」 スッポン、トナカイ角、コブラ、馬睾丸、サソリ、赤マムシなど、生のまま濃縮配合 「植物・酵素系カプセル(610mg)」 マカ、トンカットアリ、冬虫夏草、高麗人参、ガラナなど、生のまま濃縮配合 「アミノ酸・ビタミン・ミネラル系カプセル(450mg)」 L-シトルリン、L-アルギニン、L-バリン、亜鉛、ビタミンB2など、生のまま濃縮配合

 ED、中折れ、精力減退などで悩んでいて、男の自信を増大したい全世代の男性諸氏、ぜひ購入すべし!


 おーーーー、プレビューみたら、広告がはみ出している!!!!!これくらいギンギンに・・・・






 俺も買おう・・・・・・・・・・。

   

 みなさん、こんにちは。二葉太郎です。


 さて、全国の中学、高校生諸君、今から、「ちんこ」の勉強をしましょう!!!!

 男子は、自分のちんこを見ながら、女子は想像しながらこのお話を聞いてください。


 みなさーーーん、ちゅうもーーーーく!!!


 子供のおちんちんから、大人のちんこに変わるとき、4種類に分かれます。

 ①ふつーーーのむけちんこ。
  
  まったく問題ありません。そのまま人生をエンジョイしましょう。

 ②仮性包茎

  ちんこが成長する際、包皮の部分と中身の成長のバランスが取れない場合、このような状態になります。
  普段の状態は、包皮をかぶっているのですが、「怒り」モードに入ると、きちんと先端部(亀頭といいます)が
  顔を出す状態をいいます。また、普段の状態でも手動で先端部を出すことができれば、仮性包茎に当たり
  ます。日本人の男性の大半がこれに該当するそうです。

 ③真性包茎

  ちんこが成長する際、普段の状態も「怒り」モードの状態でも、先端部(亀頭)が顔を出さず、また、手動でも
  先端部の全てが出てこない状態を言います。

 ④嵌頓包茎(かんとんほうけい)

  これは、包皮輪が狭いために、先端部(亀頭)を手動で出そうとすると、先端部(亀頭)の下に締めつけが
  あったり、「怒り」モードの時には締め付けのために先端部(亀頭)を全部露出できないタイプの包茎です。
  いわば、孫悟空の頭のわっぱみたいなものでしょうか・・・。
 

  いかがでしょうか?みなさんのちんこは、どれに該当するでしょうか?


  なかなか、ブログに写真は掲載できないので、よくわからない、ぴんと来ない方は、インターネットで調べてみてください。


  なお、①はまったく問題ありません。②~④は大なり小なり問題はあるのですが、その問題を治療するのにいくらぐらいかかるのか?また、どのような過程を踏めばいいのか・・・などなど、今後お伝えしていきます。


  今から数日間は、ちんこの勉強をします。覚悟しておいてください。でも、ためになりまっせー!!!!

みなさん、こんばんは。二葉太郎です。

 これまでは、ちんこの形状によるコンプレックスを語ってきました。


 今日は、主に加齢によるちんこの悩みについて話していきます。


 皆さんも聞いたことがあると思いますが、いわゆる「ED」です。


 EDには、大きく分けて2種類あり、心の問題と機能性の問題があります。機能性の問題を直接的な問題と間接的な問題とに分かれています。

 ①心の問題

  これは、大きく分けて2つ。

  失敗やトラウマなど、性交渉にかかわる過去の問題を引きずっている場合があげられます。また、極度のストレスや疲れなども原因として考えられます。
  また、加齢による刺激のなさ、というか、いわゆる慣れもあるのかもしれません。若いころ刺激を感じたものが刺激として感じなくなるケースもあり得ます。

 ②直接的な機能性の問題

  これは、神経伝達部分またはちんこそのものの機能の問題です。過去に交通事故などで機能的に障害が残ってしまう場合があります。

 ③間接的な機能性の問題

  これは、慢性病による間接的な機能性の問題です。肝機能障害や糖尿病などの場合、EDも起こりえますし、うつ病などの心の病気からもEDにつながるケースがあります。また、これらの薬の副作用としてEDが起こることもあります。

 以上、いろんな要因をご紹介しました。

 次回は治療法についてご紹介します。
 

 相談すべき病院等をいかに示します。切羽詰まった状態の方はぜひぜひご相談ください。包茎治療だけでなく、ED治療も携わっているクリニックがほとんどですので、まずはご相談ください。



 

 みなさんこんばんは。


 さて、ここでは、コンプレックスについて深く掘り下げていきたいと思います。

 30代以降の男性に絞った悩み、コンプレックスは、70%の人があるところに集中しているようです。それは、ち●この悩みです。

 ある雑誌がおこなったアンケートでは、30代以降の男性100人を対象に複数回答で自分のコンプレックスを質問したところ、以下のような結果が出ています。

 ・酒を飲むと、勃起はするのだが、イケなくなることが増えた 76人
 ・包茎だ 71人
 ・早く終わってしまった後の相手の態度が冷ややかで、それがつらい 68人
 ・勃起時の硬さに完全には自信が持てない 67人
 ・中折れするようになってしまった  63人
 ・30歳過ぎて勃ちが悪くなった 58人


 実に、70%前後の人が、ち●この機能について、悩み始めていることがわかりました。

 これは、なかなか男性同士でも人に言えない悩みであります。まだ頭髪とかは言いやすいですし、目に見えるからいいやすいということもあります。また、体臭についても、においますから、相談しやすいというところもあると思います。

 それらに比べて、ち●こについては、普段見えませんし、男性同士でも他人のち●こをまじまじを見ることはありませんし、そもそも見たくもありません。

 この辺の最新事情について、ちょいとしばらく語っていきたいと思います。

 
 

このページのトップヘ