二葉太郎の美容、健康、メンタルヘルス、なんでもきやがれ!

初めまして!二葉太郎です。5年前から、心と体を壊し、現在リハビリ中ですが、私、二葉太郎が、今までの経験から心と体を元気にする秘訣を書いていきます!また、美容グッズ、健康グッズ、メンタルヘルスの方法、いろんな情報も満載でお届けいたします。

タグ:女性

 みなさん、こんばんは。二葉太郎です。


 昨日から、健康=腸内環境といっても過言ではないということで、腸内環境改善に関するニュース、情報、医学的な見識などなどいろいろ時間を惜しんで調べております。なんか、いつのまにか「腸内環境専門家 二葉太郎」と化しています・・・。


 でも、調べれば調べるほどいろんなことがわかり、また、医学的見識では、さまざまな議論が今まさになされているところで、ここから、薬学につながり、新しい医薬品、またはサプリメントなどなどが開発され、医薬品に関しては、臨床実験を繰り返し、商品化されるという長い長い道のりを経てここまで来ています。


つまり、今後数年で、腸内環境を改善する何らかのお薬、サプリ、商品などがどんどん出てきては消え・・・となっていくのでしょう。

46f87be91682759763b705224c3a4c8e-e1450690622108

 斯く言う私も、なかなか腸内環境を整えるという意識はいままで、正直ほとんど考えていませんでした。女性は、その分「便秘」など、いろいろと悩みがありますし、美容の分野でも、女性がメインとなってしまっています。

しかし、男性も同様です。腸内環境というのは男性も女性も同じ構造をしているのですから、当然同じ方法で効果があるわけです。どうしても女性の間ででしかこれらの情報が行き届いていないのが現実ですが、今こそ!我らがアラフォーオッサンも腸内環境を整えていきましょう!



 これを含めて、腸内環境を整える4つのキーワードをお知らせします。

a1dda03d5539ce9ae1e352ff898c4756


 ①腸内細菌(善玉菌)
  腸内細菌は、もともと腸内に住んでいる菌で、よく「善玉菌」と「悪玉菌」といわれています。
  このうち、「善玉菌」の9割といわれる「ビフィズス菌」が大切な働きをし、腸内環境を良好に保ちます。

 ②食物繊維
  腸内細菌を整えるうえでの大敵となるのが「便秘」です。まずこれを解消する役割を担うのが主に「食物繊維
  」で、さらに、腸内の病気、疾患に対する免疫力向上にも重要な役割を果たします。

 ③乳酸菌
  腸内環境を整えるうえで、「食物繊維」と同様に大切な要素がこの「乳酸菌」です。これは、「ヤクルト」をはじ
  めとして、「ヨーグルト」、「納豆」などの発酵食品から摂取することができます。

 ④ストレス発散
  これは、今までの①~③とはちょいと違ってきます。しかし、①~③で頑張って腸内環境を整えたところで、
  ストレスをため込んでしまうと、元の木阿弥です。

  運動や楽しいことをする、自分だけの時間を大切にすることも間接的に腸内の健康を保つことにつながります。

  次回は、そもそも、腸内環境が悪くなると、どう悪影響があるのかについてお話しいたします。
  



  

 

みなさん、こんばんは。二葉太郎です。


 これまで、心と体の健康とその中身について、いろんなアプローチからお話してきました。

 ともすれば、これらの内容って、女性限定と思われがちですし、逆に言うと、男性はあまりにもこの分野について無頓着過ぎたのかもしれません。日本人の平均寿命は、2015年の統計で、男性が80.79歳、女性が87.05歳となっています。まぁ、ここでも男性が6.3歳近く低いのはごらんのとおりですが、今は平均寿命とはべつに「健康寿命」ということばをよく聞きます。


 つまり、管につながれて病院や施設で延命されている人は、平均寿命には入っても、健康寿命からは外れているということです。これは、2013年の統計になるのですが、日本の健康寿命は男性が71.11歳、女性が75.56歳となっています。男性は、平均寿命から9年、女性に至っては、平均寿命から12年も短くなっています。


 これは、ベースとして、腸内トラブルが男性よりも女性の方が多いという統計も出ています。つまり男性よりも女性の方が、「便秘」、「代謝」が弱く、その結果、腸内環境への関心は女性の方が多く、健康寿命で行くと、男性が少し追い上げている現実があります。


 これは、世界一の数字だそうです。


 でも、あと何年?と考えると、私は今41歳。あと30年という計算になるわけです。皆さんそれぞれの年齢から逆算して、少しでも健康に楽しく生きていくことこそが、幸せにつながるのではないかと思います。


 これからも、健康、美容、腸内環境にこだわってブログを更新していきたいと思います。


 

このページのトップヘ